仮想通貨初心者

ビットコインと現金の違い

投稿日:

今更聞けないビットコインと現金の違い

ビットコインは仮想通貨や暗号通貨の一つです。仮想通貨では、ビットコインを主軸として取引されることが多く、アルトコインを購入するためにはビットコインを買ってアルトコインを購入するという流れが非常に多く、アルトコインが頻繁に買われる時期にはビットコインの時価総額がアルトコインに流出するためビットコイン時価総額下がる傾向があり、アルトコインが穏やかな時期にはビットコインに資金が集まり時価総額が増えるという傾向が見られます。

実態のないバーチャルな通貨

現金は、形としてある通貨のことで実際にお財布などに入れて持ち運ぶことができます。日本に生まれ育った私達なら全員が見たり触ったり使ったことがあるのです。

一方の仮想通貨は目に見えないものです。しかし、ウォレットと呼ばれる専用の財布に入れることで持ち運ぶことが可能になります。

特定の国に属さない国際通貨

日本では支払いが円で行われ、アメリカではドルで行われます。各国の中央銀行は通貨を発行し、発行済みの通貨の量をコントロールすることで金利や景気に影響を与えます。それに比べてビットコインは、特定の組織や国、中央銀行などが管理しているわけではありません。つまり、国によるコントロールを受けないので、ビットコインのインフラに対応していれば世界中どこでも使用することができます。その為、自国の紙幣の価値が落ちるとビットコインを買って資産を守る人も世界には多くいるようです。

民主的運用と分散型ネットワーク

どこの組織にも管理されないビットコインは、ネットワークに参加している人が主体となり自分たちの手で運用します。世界中24時間365日行われる取引を参加メンバーがお互いを承認し合うことで取引の正確さを確立しています。

それにはP2Pネットワーク(分散処理システム)が欠かせません。

つまり現存する通貨のなかで、ユーザーによって管理される点を取れば真逆の性質を持っていると言えます。

暗号署名

現金と仮想通貨の大きな違いは暗号署名入りという点も大きいです。電子署名という名の暗号技術によって守られています。

保有した人すべての所有者情報が記録されています。所有者の遍歴を調べることができるのです。

 

 

 

おすすめ記事一覧

-仮想通貨初心者

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.