仮想通貨評価部門 国内仮想通貨

絆コインは買うべきじゃない?

更新日:

絆コインの評価

村雨謙信
こんにちは。ライターの村雨謙信です。この記事では、最近やたらと騒がれている絆コインの評価を行います。

運営:KIZUNA GLOBAL Inc.

コイン名:KIZUNACOIN / シンボル名:KIZ / 総発行枚数:200億枚

絆コインのプロジェクト

絆コインは、BTCのような送金の遅さや手数料の高さの低減を図り、決済手段としての普及を目指しています。BTCのこのような課題を解決する手段として、DAG技術を取り入れた通貨として開発し、同時にステーブルコイン化の実現に向かっています。

1 DAG技術とは

Directed Acyclic Graph の略で、日本語では有向非巡回グラフと訳されます。

BTCなどに代表される従来のブロックチェーン技術は、取引データを次のブロックに送る際にハッシュ関数を用いて計算(=いわゆるマイニング)され、その処理が完了するとまた次のブロックへというように進行していきます。この前後のブロックは1対1の関係になるため、マイナー不足や取引データの増加により、送金遅延の問題がどうしても生じてしまいます。こうしたスケーラビリティの解決を図るものが、MimbleWimbleやLightningNetwork、取引データの圧縮(=Segwit)と呼ばれるものです。

これに対してDAG技術は、こうしたブロックチェーン技術の上位互換とも言われるものです。DAGのネットワークにおいては、前後のブロックが1対1ではなく、1対Nの関係でブロックが繋がっているため、同時に複数のトランザクションの処理を不可逆的に行うことができます。これにより、極めて迅速にトランザクションが処理され、受取ウォレットへの着金が瞬時で行われるようになります。また、送金手数料がほぼゼロなので、マイクロペイメント(=1回の送金が10円〜100円といった少額の支払い)が実現し、日常的な決済でも広く使われるようになります。

2 $1のステーブルコイン化

絆コインは、USDTやTUSDを代表とする$1で担保されたコインにすると宣言しています。絆コインのプロジェクトが決済手段として普及させることを目標としている以上、多くの仮想通貨に見られるボラリティの高さでは使う側にとって至極不便だからです。

DAG技術は凄いんだけど・・・

ビギナー君
捜査官〜、僕はじめてDAG技術というものを知ったよ、絆コインってすごいんだね!
DAG技術は仮想通貨の今後の発展に必要不可欠なものとして私も注目している。ただし一つ注意しておくが、DAGを採用しているのは絆コイン以外にもいくつかある。
仮想通貨FBI
ビギナー君
え、そうなの〜?他にはどんなものがあるの?
メジャーなところで言えば IOTA や NANO、マイナーだが開発力と運営力が優れている Fantom だな。
仮想通貨FBI

DAGはまだまだ歴史が浅い技術です。よって、脆弱性を突いた攻撃に対抗できるセキュリティもまた、トランザクションのネットワークと同時に研究開発していく必要があります。DAG技術は言わばシステム全体の仕組みを観念的に表すものであるため、各通貨の運営ごとに研究開発の進捗状況は異なっています。

よって、今後期待されているDAG技術を採用しているからといって、絆コインを購入するべきと判断するのは安直すぎます。まずは、開発陣営の技術力についてよく調べる必要があるところ、KIZUNA GLOBAL Inc. のHPやホワイトペーパーを探しましたが、技術者の紹介は一切書かれていませんでした。一方で、Fantom の技術開発や運営の進捗情報はほぼ毎日テレグラムでリリースされ、技術内容はHPでオープンソース化されています。

▶️ Fantom HP https://fantom.foundation

▶️ Fantom Telegram chat https://t.me/Fantom_English

▶️ Fantom Telegram announce https://t.me/fantomfoundation

$1固定を目指すと言われましても・・・

ステーブルコインは、仮想通貨のボラリティの高さを解消させることを目的として、USDTやTUSDといった、主に法定通貨を担保として価格を固定させているものです。法定通貨を担保としているもの以外では、ETHを担保としているものもあります。

絆コインは$1のステーブル化を目指していますが、これの実現には、200億ドル(本稿執筆時の為替レートで約2兆2000億円)の基金が必要です。まず不可能です。0.01¢(約0.011円)のステーブル化なら実現可能性があります。

また、決済手段として仮想通貨を使う意義は極めて乏しいです。クレジットカードや電子マネー、ポイント決済で十分です。グローバルな支払い手段もVISAでほとんど済みます。ただし、決済方法としてブロックチェーンやDAGが今後主流になっていくとしても、基金が十分に確保できているJPモルガンのJPM、みずほのJcoinといったステーブルコインをほとんどの企業が採用するでしょう。

まとめ

以上を踏まえ、絆コインの総合評価をします。

仮想通貨FBI
残念ながら星1つだ。DAGの開発力がどれほどか全く分からないし、$1固定など夢のまた夢だからな。いまの段階では単なる金集めやスキャムと思われてもしょうがない。今後の発展に期待する。

絆コインのコミュニティ

▶️ Telegram https://t.me/KIZUNA_OFFICIAL

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

Twitterアカウント

仮想通貨FBIの公式アカウント & この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

仮想通貨FBI https://twitter.com/CryptoFBIjapan

村雨謙信 https://twitter.com/Ken_Murasame

おすすめ記事一覧

-仮想通貨評価部門, 国内仮想通貨

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.