その他 取引所評価部門

ICB Walletは要注意

更新日:

神谷直樹
こんにちは、仮想通貨FBIライターの神谷直樹@CryptoInfoCubeです。

12月頃から、Twitterなどインターネットでよく情報を見かけるようになったICBウオレット。

11月から中国で流行り始め、これから日本でも流行ると言われていますが、さて本物なのか?詐欺スキャム、ポンジスキームなのか?

PLUS TOKENの二番煎じ感の強いイメージですが、後発の為、月利約12%とPLUS TOKEN(月利約10%)よりも若干良い利回りを提示していますね。

まだ出始めたばかりなので、情報は少ないですが、色々と調査、考察をしていきます。

ICB Walletとは?

ICB Walletは、InterCoinCapitalが提供する、仮想通貨ウオレットになります。

まずは、InterCoinCapitalについて調べてみましょう。

InterCoinCapitalについて

InterCoinCapitalの公式ホームページ
https://www.intercoincapital.com/

まず、サイトに掲載されているロードマップから見ていきます。

時期 計画
2019年第1四半期 アメリカにて、AIクラウドマイニングラボを設立
2019年第2四半期 取引所(IntercoinX PRO-Trading Edition XiaoMeng 2.0)をオープン
2019年第3四半期 ICB(International Coin Bank)の立ち上げ
2020年上半期 AI自動取引プラットフォーム(XIAOMENG 3.0)
2020年下半期 デジタルアセットプロジェクトのクラウドファンディング、VCを開始

2019年第2四半期に取引所をオープン、2020年上半期にはAI自動取引を開始させる計画のようですね。

この取引所の集客の為に、ICB Walletと月利約12%のサービスを提供している感じですね。

この戦略は、PLUS TOKENと酷似してますね。

 

2019年第3四半期には、ICB(International Coin Bank)の立ち上げとあります。

公式サイトでの説明は以下の通りです。

ICBは、ブロックチェーンやデジタル資産への投資、資産管理、資金調達、支払い、多機能電子財布などの包括的な金融サービスを顧客に提供する、包括的な金融エコロジーチェーン上のサービスプラットフォームです。

私たちのビジョンは、ブロックチェーン技術の世界で最も強力な推進力に成長することです。

ここも、PLUS TOKENと酷似していますね。

 

では次に、取り扱い通貨を見てみましょう。

このイメージを見たところ、10コインを取り扱っているようですね。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン(LTC)
  • テザー(USDT)
  • エイダ(ADA)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネオ(NEO)

さらに進むと、私が見た時点では、パートナー会社が記載されていました。(※現在は消去されています)

有名どころがずらっと並んでますね。

ちょっと私の感想では、スタートアップ企業にしては有名どころが並びすぎです。

ここは事実かどうか確認が必要ですね。

パートナーとして記載されている各社に問い合わせを行いました。

各社回答については、後ほど記載いたします。

 

あとは、アービトラージの記載がありました。

以下のように説明しています。

私たちのAIアービトラージシステムは、世界中で150以上の取引所をスキャンして、さまざまな取引所で異なる価格のコインおよびトークンの「ペア」を瞬時に取得し、高度な自動裁定取引(安いところで買い、高いところで売る)を行うことができます。

ICB Walletの月利12%は、このアービトラージによる利益による配当と考えて良いようです。

ここも、PLUS TOKENと酷似していますね。

 

ICB Walletについて

公式サイトには、ICB Walletそのものに関する記載を見つけることが出来ませんでしたので、利用ユーザーの情報を集めてみます。

ICB Walletのユーザーの投稿や記事は以下の感じです。

ICBウォレットは
先月の11月に、中国から流行り始めたばかりで
まだ日本に全く出回っていません。
大化けする可能性大です☝️✨
ビットクラブ乗り遅れた人やBTC、XRPなど枚数を少しでも増やした
い人是非ご参加して下さい(笑う)❗️

ICBウォレットに入れてる額の日利0.4%が入ってきます❗️
その内30%がICBトークンとして入ってきます‼️

扱っている通貨は
BTC. ETH. BCH. XRP. USDT. LTC. EOS. NEO. ADA. ETC. BCHSV
と少なくないです🙌

最低入金額は1000ドルからです。

ただ入金上限金額は有りませんが、
ICBウォレット全体での運用額には制限が有ります🤦‍♂️

ICBウォレットの運用額が上限に達しましたら
参加出来なくなるので、ご注意して下さい。

中国から流行ってることもあり、既にNEOは上限に達しています😵

※2019年1月に枠が増え上限が上がる予定なので安心してご参加下さい🙆‍♂️

この配当で会員増やしまくって、分散型取引所の手数料などで
儲けるのが目的にしてるようです👀!
アンドロイドのアプリには、
もう取引所の機能は付いてるみたいですね✨

 

※テレグラム投稿より引用

ICB Walletは

☆12月中旬において、BTC, ETH ,BCHABC ,XRP ,USDT, LTC ,EOS, NEO ADA, ETC ,BCHSVの
11通貨の運用ができます。

☆ひとつの通貨1000ドルからの運用です。
登録後72時間以内に入金のなかった場合、ログインIDは無効となってしまいますので、再度の登録
をしてください。

☆このWalletをまわりに紹介することで、権利収入が得られます。

☆毎日の配当は、70%が預けているコインで。そして30%はICBコインでの配当となります。

☆本人が運用した金額の10%、直紹介した人が運用した額の10%が配当になるようです。

☆270日間、このWalletに預け入れておくと、預け額の倍相当の株主配当がもらえるとのこと。

 

※「J-Dream」様より引用

運営会社

運営元:InterCoinCapital

本社:シリコンバレー

従業員:100名以上

オフィス:世界30ヵ所以上

利用時の注意点

登録後72時間以内に入金が必要 ※時間を超過するとログインIDが無効になる

最低運用額:1.000ドル以上

送金時の着金反映に時間が掛かる

各通貨の運用(預入)には全体で上限額あり

90日以内の出金手数料は「5%」

配当について

日利0.4%

翌日8時までに配当 ※毎日23時入金分まで

配当通貨:預入通貨70%:ICBコイン30%

50ドル以上から出金可能

※ICBコインは、2019年4月(予定)取引所OPEN後に他通貨との取引が可能。

現在の月利は10~15%ですが、2019年2月1日より8~13%へ配当が調整される予定だそうです。

 

※「エクセル東京投資倶楽部オフィシャル代表ブログ」様より引用

他にも沢山ありましたが、大体これで概要は分かりますね。

  • 対応通貨11種類
    BTC, ETH ,BCHABC ,XRP ,USDT, LTC ,EOS, NEO ADA, ETC ,BCHSV
  • 運用条件
    1通貨に対して1,000ドル相当以上
  • 登録後72時間以内の入金が必要(※1)
    登録後72時間以内に入金のなかった場合、ログインIDは無効となってしまいますので、再度の登録が必要
  • 配当は月利10~15%、2/1より8~13%に
    配当の70%は預けているコイン、30%はICBコインで貰える
  • 出金手数料
    90日以内は5%
  • 最低出金額
    50ドル以上
  • 権利収入
    直紹介(アフィリエイト)した人が運用した額の10%が配当
  • 株主配当
    270日間、このWalletに預け入れておくと、預け額の倍相当の配当
  • 配当実績あり
    14ETH預けて5日で0.195ETH、0.084ICBとの事

配当が、預けているコインで貰えるのは嬉しいですね。

ただ、一点気になるのが(※1)の72時間以内に入金が無かった場合、アカウントが無効になるとの事。

ユーザーを集めたいのであれば、アカウントを無効にしなくても良いのでは?とも思います。

また、入金を急かしており、入金させるのが目的にも感じられますね。

 

PLUS TOKENとの比較

PLUS TOKENと非常に酷似しているICB Wallet。

PLUS TOKENと比較してみました。

ICB Wallet PLUS TOKEN
形態 Webウオレット アプリウオレット
対応通貨 11種類
BTC、XRP、ETH、BCH、EOS、LTC、BSV、USDT、ADA、ETC、NEO
8種類
BTC、XRP、ETH、BCH、EOS、LTC、DASH、DOGE
運用条件 1通貨当たり1,000ドル相当以上 1通貨当たり500ドル相当以上
運用利回り 月利約12%、2/1より約10% 月利約10%
配当受取通貨 70%預入通貨、30%ICB ※1 PLUS ※1
出金手数料 90日以内5%、91日以降?% 28日以内5%、29日以降1%
最低出金額 50ドル以上 なし
権利収入 直紹介の運用額の10%
1,000ドル運用なら100ドル
直紹介の運用益の95%
1,000ドル運用なら約95ドル
取引所手数料配当 不明 あり
株主配当 270日預入で倍額 なし

※1 ICBは2019年4月より他の通貨と交換可能。PLUSは現時点でETHに交換可能。

 

比較してみると、ICB Walletの方が、1/31までは利回りが良く、株主配当が付くのも魅力的ですね。

注目すべきは、PLUS TOKENが対応していない、ADA、USDTに対応していることですね。

USDTは価格変動リスクを避けるために換えている人がいますが、今まで効率よく運用出来るものがなかったのでICB Walletは魅力的でしょう。

また、ADAについてもPOSでの配当がまだ貰えないので、このような運用サービスはガチホルダーには魅力的な内容と言えますね。

対応通貨や収益面では、ICB Walletに軍配が上がりますね。

 

しかしながら、最低運用額、出金手数料の日数に関しては、PLUS TOKENの方が緩めですし、2019年4月までICBを他の通貨と交換出来ない点を考慮すると、とっつき易いのはPLUS TOKENかとも思います。

 

InterCoinCapitalは信頼できるのか?

これが一番大事ですよね?

InterCoinCapital、ICB Walletに関して、ネット上で色々調べましたが、

第3者による、公的な情報は見つかりませんでした。

まだ、開始して間もないので情報が無いだけかも知れません。

 

そして、上記で述べたパートナー会社に問い合わせを行いました。

すべての会社から回答は貰っていませんが、現時点で回答を貰ったところを紹介します。

KuCoinからの回答

青反転文字部分、「InterCoinCapitalとは協力関係が存在しないことに注意してください」とあります。

 

CoinGeckoからの回答

青反転文字部分、「私達は今日現在でInterCoinCapitalとの公式なパートナーシップはありません」とあります。

 

CoinCodexからの回答

青反転文字部分、「私達はInterCoinCapitalとはパートナーもしくは提携もしておらず、彼らのウェブサイトからCoinCodexの全ての記載を削除することを要求していきます」とあります。

 

CoinStackerからの回答

青反転文字部分、「提携しておりません」とあります。

 

このように、各社の回答から、InterCoinCapitalの公式サイトでパートナーとして記載しているのは、虚偽になります。

有名どころをパートナーと記載して、「安心できそうだ」と世間を騙している事になります

 

おそらく、私のように各社に問い合わせを行った人間は他にも居ると思います。

そして、各社はInterCoinCapital社に対し、表記の削除を求め、削除されたものだと思います。

 

結論

神谷直樹
私的には、公式サイトにて、虚偽のパートナー記載をしていた為、InterCoinCapital、ICB Walletは、まったく信用できない会社およびサービスと考えます。

PLUS TOKENが順調にユーザー数を増やしているので、それを真似てサービスを展開しユーザーを増やして資金を搾取することもあり得ると考えます。

ICB Walletユーザーの皆様、十分ご注意下さい。

今のうちなら、出金可能と聞いております。

早めに出金することをお勧めします。

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。

LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

また、ツイッターのフォローもお願いします!

仮想通貨FBI公式ツイッター https://twitter.com/CryptoFBIjapan

 

ライター 神谷直樹@CryptoInfoCubeからの情報サービス

この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

神谷直樹ツイッター:https://twitter.com/naoki7680

また、LINE@では、相場分析、ニュース、お金の稼ぎ方、資産形成のやり方等の情報を発信しております。
こんな商材や誘いがあるんだけど大丈夫かな?などと言った個別相談も受けております。
また、公には出来ない縁故情報などもありますので、ぜひ、下記の画像から友達登録してください!

おすすめ記事一覧

-その他, 取引所評価部門

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.