仮想通貨用語集

STトークンとSTOについて

更新日:

神谷直樹
こんにちは、仮想通貨FBIライターの神谷直樹@CryptoInfoCubeです。

 

今回は、最近話題になっているSTOについて説明いたします。

 

ビギナー君
最近、STOってよく聞くんですが、なんですか?
うむ、STOとはセキュリティートークンオファリングの略称だな!
仮想通貨FBI
ビギナー君
セキュリティトークンオファリングって?
簡単に説明すると、会社の株券を証券化して、コインを発行できることだ。
これは、ERC-20に準ずるSTトークンという形で現在広まっている。
仮想通貨FBI
ビギナー君
横文字ばかりで全然分からないですー💦
よし!詳しく説明しよう。
仮想通貨FBI

STOとICOの違い

ICOはいわゆるユーティリティートークンと言われるもので、あらゆるものに使用することができます。

記録として使ったり、実際の貨幣に代わるものを使ったり、ポイントとして使ったり、記録として動画や音声を搭載することも可能です。

そういった物を搭載させて、仮想通貨に価値をつけ、投資させるのがICOです。

ICOも良いことは良いのですが、制限がないため【ICO詐欺】という言葉が存在する通り、必ずしも安全とは限らないです。

 

一方、STOとは、証券の代わりに使用するので、厳しい制限があります。

STOの特徴として、保有者情報を把握してなくてはならない。

ここが大きなポイントです。

KYC情報を元に、プラットフォーム上で誰がどれくらいSTトークンを保有しているか、把握しなくてはなりません。

厳しい制限があるのがSTトークンです
仮想通貨FBI

STトークンについて

STトークンの性質について説明します。

先ほど説明したように、STトークンは、厳しい制限があります。

運営者は、誰がどれくらい保有しているか把握しなくてはいけません。

STトークンをMEWに送ることはできるのですが、プラットフォーム上に保有者情報を登録しないと送金できません。

運営者は保有状況が把握できます。

運営者が把握しているMEWもしくは、取引所にしか送ることができません。

したがって、転売ができない、送金ミスが起きることは考えにくい、また不正者を見つけた場合にコインを保有するウォレットアドレスを無効化させ売買させることや送金することを不可能にできます。

取引所のウォレットアドレス無効化させることも可能です。

ちなみにERC20に特化したSTトークンをST-20と言います。

STOと、ST-20の長所短所

長所

  • セキュリティ面で考えると、最強に近い!?
  • ウォレットアドレスに一括送信可能
  • プラットフォーム上での管理が可能

短所

  • STトークンは非常に面倒
  • 保有者情報を動かすプラットフォームが必要となる
  • STOできる取引所はまだ少ない

STOのこれから

昨年10月に、高級ホテル「St. Regis Aspen」の所有者の資産管理企業「Elevated Returns」は、STOを無事完了し、約20億円を調達しました。

STOはICOと違い取引可能な【資産によって裏付けされているトークン】であり、公開通貨として発行し、 仮想通貨交換業ライセンスや米SEC等の規制に則って発行します。

今回は、実在する不動産「St. Regis Aspen」によって価値を裏付けられた、

「セキュリティトークン Aspen Coin」を、

認可された投資家対象に、販売しました。

 

この様に、株式だけでなく、不動産や債券などもセキュリティトークンの対象になります。

法的な位置づけが明確であるSTOに注目が集まるのは必然ですね。

投機的な面がまだまだ強い暗号通貨ですが、今後はSTOなどを通じて、どんどん将来性のある投資へと変わっていくことが考えられます。

これからの未来、不動産、証券や、債権、などの既存の資産の所有権もセキュリティトークン化されて行き、それにより金融商品の流動性、透明性、セキュリティ強化も見込まれます。

様々な資産をトークンによって取引を行う、トークンエコノミー社会がやって来る事と思われます。

 

大体、解ったかね?
仮想通貨FBI
ビギナー君
はい、理解しました!
ところで、STO取引所ってどこがあるのですか?
噂によると、CoinealがSTO対応世界初!?らしいぞ
仮想通貨FBI
ビギナー君
日本でSTOを行っている所はあるのですか?
キズナグローバルトークン(KGT)が世界初のSTOとIEOを混ぜたものを行うらしいぞ
仮想通貨FBI
ビギナー君
日本から世界初は響きがいいですね

 

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。

LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

また、ツイッターのフォローもお願いします!

仮想通貨FBI公式ツイッター https://twitter.com/CryptoFBIjapan

 

ライター 神谷直樹@CryptoInfoCubeからの情報サービス

この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

神谷直樹ツイッター:https://twitter.com/naoki7680

また、LINE@では、相場分析、ニュース、お金の稼ぎ方、資産形成のやり方等の情報を発信しております。
こんな商材や誘いがあるんだけど大丈夫かな?などと言った個別相談も受けております。
また、公には出来ない縁故情報などもありますので、ぜひ、下記の画像から友達登録してください!

おすすめ記事一覧

-仮想通貨用語集

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.