コンサルタント業務

仮想通貨に関する「コンサルティング業務」をお引き受けします(日本語ページ)

更新日:

英語での記事はこちら

ー 仮想通貨FBI コンサルティング業務 ー

 「仮想通貨の新規取引所を設立したい」

 「新規プロジェクトの立ち上げのため資金調達をしたい」

「大手の取引所に上場させたい」

こうしたことでお困りのことがあれば、是非ともお気軽にご相談ください。無料でお見積もりを作成いたします。

お問い合わせ先

ご希望のコンサルティングの業務内容に応じて、次の連絡先までご連絡ください。

総合コンサルティング、設計・開発、取引所の新設、資金調達(IEO以外)、コミュニティ管理

wechat

取引所への上場、資金調達(IEO)

wechat

1 コンサルタントの紹介

仮想通貨FBIの営業担当。

仮想通貨業界のみならず、金融マーケット全般でコンサルティングに長年携わる。

日本に限らず世界各国にクライアントを抱え、数々の実績を生み出す。

<実績(抜粋)>

① メガバンクが出資する企業の上場コンサルティング

② 中国と日本の医療機関の資金調達と上場コンサルティング

③ 有名な財団法人の様々な内容でのコンサルティング

2 受注できる業務の紹介

(1)総合コンサルティング

仮想通貨のプロジェクトの進展に欠かせない業務のサポートを行います。

具体的には、マーケティング方法の提案、セキュリティトークンや取引所認可のライセンス取得、銀行との提携など、幅広くコンサルティング業務を行います。プロジェクトチームの円滑な進展に寄与できるよう、各所との交渉までをコンサルティング業務に含めて受注いたします。こちらに記載のないものもお気軽にご相談ください。

(2)設計・開発コンサルティング

プロジェクトチームの技術的なサポートを行います。

① 独自コインの設計・開発

新しいプラットホームやICO用のダッシュボードの作成、トークンの焼却(バーン)やミント、トークンスワップの実行のほか、エアドロップ機能を搭載したトークンの開発も行います。1週間ほどで納品いたします。また、独自チェーンの開発も受注しております。

② 取引所専用出来高BOT 及び マーケティングBOT の開発

取引所の出来高BOTを使うと月額$5,000以上の費用を要します。当社が開発した出来高BOTは半永久的にご使用いただけるのはもちろんのこと、マーケティングBOTも同時に稼働させることが出来ます。各取引所のAPIに合わせて設計し、2週間ほどで納品いたします。

③ EAの開発

レバレッジ取引所で稼働させるEAの開発を行います。月間300回ほどの自動売買を行い、月利5〜10%の収益をあげることが出来ます。

(3)仮想通貨取引所の新設コンサルティング

ホワイトラベル方式で、基本的機能を備えた取引所の新設であれば、500万円ほどで受注いたします。このほかにオプションとして、証拠金取引(FX)や取引マイニング機能といったものを加えることも可能です。開設費用(コンサルティング費用を含む。)については、中国での人件費をもってしても2600万円ほどが相場となっております。以下にオプションとして追加できる内容を掲載しますが、一例ですので、こちらに記載のない内容のものも開発することが出来ます。お気軽にご相談ください。

① 基本的機能

板取引、入出金、アカウント管理といったごく一般的な機能です。

② 証拠金取引

いわゆるFX取引です。こちらの機能の追加は別途見積もりを作成いたします。

③ 取引マイニング

FCoinやCrossExchangeで搭載されているものです。ユーザーの売買によって支払われる取引手数料を取引所トークンとして還元する機能です。こちらの機能の追加は別途見積もりを作成いたします。

④ 福袋機能

特定の条件(取引所内に2BTC相当以上の資産を預けているなど。条件は自由に設定できます。)を達成しているユーザーにトークン詰め合わせの福袋をプレゼントする、といったものです。こちらの機能の追加は別途見積もりを作成いたします。

⑤ LOTT や 宝くじ的機能

サッカーやラグビーといった、スポーツでの試合の勝敗を予想してBETし的中させた人に賞金を出すという、まさにLOTTの内容を取引所内で行うことができるものです。また、サマージャンボや年末ジャンボといった、宝くじを取引所内で開催することができる機能の開発も可能です。これらの機能の追加は別途見積もりを作成いたします。

⑥ スマホアプリ

最近は、ユーザーがスマホアプリを使って売買できる取引所が一般的となっております。こちらの機能の追加は別途見積もりを作成いたします。

(4)既存取引所への上場コンサルティング

海外の仮想通貨取引所(大手〜中堅)への新規上場のサポートを行います。

一般的には、プロジェクトチームが取引所に申請し、上場審査の手続を経る必要があります。ただし、こうした通常の手続の場合、取引所との言語や文化の壁に苦労するだけでなく、上場費用の割引が一切きかないため、潤沢な資金や優秀な人材を確保しているプロジェクトチームでないと、実際に上場までたどり着くのは極めて困難です。

当社コンサルタントの担当者は、海外取引所の複数のビジネスパートナーとのコネクションを有しているため、迅速に上場することができるようサポートすることができます。また、取引所への上場費用の割引交渉も可能です。

<実績(抜粋)>

① C○inBene(上場費用:当社20BTC提示、他社55BTC提示)

② B○t-Z(上場費用:当社13BTC提示、他社20BTC提示)

③ C○ineal(上場費用:当社$50,000提示、他社$70,000提示)

④ このほか、無料で上場させ、IEOを実施させた実績もございます。

なお、取引所への上場費用は、上場時期により異なります。

(5)資金調達のコンサルティング

プロジェクトに必要な資金の調達のサポートを行います。

世界中の投資会社(ベンチャーキャピタル)から調達する、IEO(Initial Exchange Offering)の実施による調達など、資金調達には様々な手法があります。プロジェクトチームの計画や必要とする資金の規模を考慮の上、最も適切な手法による資金調達の実施をサポートいたします。

<実績>

① 日本政府系のベンチャーキャピタルに出資の斡旋

② 中国政府が20%出資している団体の資金調達コンサルティング

③ このほか、市場から1億円規模の資金調達

(6)コミュニティの管理

プロジェクトの運営には、そのコミュニティの規模を広げることが重要です。最近は、Twitter、LINE@で情報発信を行い、TelegramやDiscordといったSNSで支援者(ホルダー)と運営が双方向で会話をする、といったようなコミュニティづくりが主流となっています。

プロジェクトの進展には、そのプロダクトを利用した企業や実業家、また個人投資家の支援を受けなければなりません。情報の発信力・訴求力が極めて重要です。また、取引所への上場審査の際、TwitterやTelegramなどのフォロワーの数も重要な審査項目となっておりますので、コミュニティ管理を軽視することはできません。

当社では、各種SNSのアカウントの作成からIR情報の発信までを一体的に管理します。訴求力を高めるため、フォロワー数を増やすといったご要望にも応えることができます。

<実績>

① プロジェクトチームの公式Twitterアカウントのフォロワー1万人超

② Telegram、Discordなど、複数のコミュニティ管理を受注

3 受注の流れ

(1) 以下の連絡先まで、ご希望の業務内容の種類に応じてご連絡ください。

総合コンサルティング、設計・開発、取引所の新設、資金調達(IEO以外)、コミュニティ管理

wechat

取引所への上場、資金調達(IEO)

wechat

(2) ご注文内容の確認

(3) お見積もりの作成

(4) 契約書の締結(お客様のご都合に応じて、面会又はメールなどで取り交わします。)

(5) コンサルティング業務の開始、納品

(6) 費用の請求、支払い

ー お気軽にご相談ください ー

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

Twitterアカウント

仮想通貨FBIの公式アカウント & この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

▶️ 仮想通貨FBI https://twitter.com/CryptoFBIjapan

▶️ 村雨謙信 https://twitter.com/Ken_Murasame

英語での記事はこちら

おすすめ記事一覧

-コンサルタント業務

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.