未分類

【第3世代マイニング】SKYHASH(スカイハッシュ)が目指す誰でも参加できる最高峰マイニングの未来

投稿日:

マイニング事業者SKYHASHについてご存じでしょうか?

これからマイニングが第3世代(Mining 3.0)に突入するようです。興味深いマイニング事業がスタートしていましたので、記事に取り上げました。

マイニング??

第3世代??

今回は、簡単なマイニングについてとSKYHASHがなぜ第3世代のマイニングなのか?を解説していきます。

SKYHASH(スカイハッシュ)仮想通貨(暗号資産)マイニングが第三世代に突入!!

SKYHASH(スカイハッシュ)の解説の前に、まずは簡単に『マイニング』について解説していきます!!

仮想通貨(暗号資産)を少しでもかじられている方であれば、『マイニング』って聞いたことありますよね?

マイニングとは?

仮想通貨(暗号資産)には発行枚数というものが存在し、日々『マイニング』というものを行うことで発行枚数が増えて行っています。

一番有名なビットコインもマイニングにより、新しく1枚1枚発行されています。鉱山から金を『採掘』しているようなイメージで、採掘を意味する『Mining(マイニング)』と呼ばれるようになりました。

「ハッシュ関数」と呼ばれる複雑な計算式を解くと、新しいブロックが再生されてその報酬としてマイニングしている仮想通貨(暗号資産)が増えるという仕組みなっています。

マイニングの作業はユーザー(と言っても基本的には専門の事業者)同士で管理されており、ハッシュ関数を一番最初に解いたところに報酬としてもらえます。早い者勝ちです。

アーク
初めて聞くと難しく感じるかも知れませんが、マイニングという作業によって仮想通貨(暗号資産)の枚数が増えているっていうことだけ覚えましょう(^^)

第1世代のマイニング

ビットコインの信頼性の根幹に『Proof-Of-Work(プルーフ・オブ・ワーク)』(通称POW)と呼ばれる仕組みがあります。POWとは、発行枚数が増えるにつれ、先ほど登場したハッシュ関数の計算式がより複雑になっていくという仕組みがあります。

なぜ信頼性につながるかと言うと不正にデータを改ざんしようとする場合、過去のブロックから書き換えて行かなくてはなりません。しかし複雑なハッシュ関数を他のコンピュータよりも早く計算しなくてはならない上に、改ざんしている間に新しいブロックが生成されていきます。新しいブロックが生成される前にデータの改ざんを行い、他のコンピュータより圧倒的に早く計算式が解けるほどのコンピュータの性能が必要とされます。

それは不可能です。不正な改ざんをされることがないということに、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)への信頼が保たれています。もしくはそんなことが可能なくらい性能が高いのであれば、正当にマイニングをした方が高い利益を得られます。

実は、初期のビットコインは家庭用のパソコンでも容易にマイニングが可能でした!なんと!自宅で誰でも簡単にビットコインが発掘できるという時代があったのです。それが第1世代のマイニングです。

第二世代マイニング

発行枚数が増えるにつれ、POWはより複雑な計算式を求められるようになります。家庭用のパソコンでは計算が追い付かなくなります。

早い者勝ちというルールですので、より早く計算が解けるようなコンピュータを用意しなくてはならなくなります。マイニングマシンと呼ばれる、マイニング専用の機械が登場してきます。

ここから様々な問題が起こり始めます。計算式の処理の高速化により大幅な電力消費が必要になったり、平等な取引ではなく技術力と資本力を持った事業者が覇権を握るという状況になっています。

またより高性能な性能を求められるので新しいマシンがどんどんと開発され、古いマシンは使い物にならないという状況になっています。廃棄物になってしまいます。

エネルギーの消費問題、覇権の独占問題、廃棄物問題などいろいろな問題が起こっています。それを解決するのが、第3世代マイニングSKYHASH(スカイハッシュ)の提供するマイニングプラットフォーム『SKY-NET』です。

SKYHASH(スカイハッシュ)とは?

SKYHASH(スカイハッシュ)は、誰でも簡単に世界最高峰のマイニング報酬を受け取ることができるプラットフォーム『SKY-NET(スカイネット)』を開発・提供するプロジェクトです。

SKYHASHの情報

SKYHASH 公式サイト

SKYHASH ICO 公式サイト

SKY-NET ホワイトペーパー

SKYHASH 公式Twitter

SKYHASH 公式Discode

SKYHASH 公式Telegram

SKYHASH 公式GitHub

SKY-NET(スカイネット)とは?

SKY-NET(スカイネット)は、新の地方分権化を形成していく究極のプラットフォームを目指しています。

ユーザーが複数のサービスにアクセスできるように設計されたワンストッププラットフォームです。ユーザーはSKY-walletというウォレットを所有し、自分の持っている仮想通貨(暗号資産)の保管管理を行えます。

またそのプラットフォーム内でマイニングによって資産を増やしたり、別の仮想通貨(暗号資産)同市を交換することもできます。

SKY-NETを支える4つのコンポーネント(構成要素)

SKY-NET(スカイネット)は、主に4つの構成要素で成り立っています。

①SKY-Hive
②SKY-Host/SKY-Cloud
③SKY-Exchange
④SKY-DEX

①SKY-Hive

ここがSKY-NET(スカイネット)の中でも、重要なシステムです。このSKY-Hiveによって誰でも最高峰のハッシュレートを得ることができるようになります。

SKY-Hiveは複数の最適化手法(DTS-Optimizer)により最高峰のハッシュレートと、マイニング効率を上げる最適化技術(O2W)により、ユーザーにとって最も効率の良いマイニング環境を提供します。

DTS-Optimizer

DTS-Optimizerは、マイニングマシンを自動的に最適化してくれるシステムです。

マイニングを行う際、マイニングする通貨によってマシンのプログングは行います。それには専門的な知識を必要としますが、DTS-Optimizerがそれを自動的にプログラミングし最適化を図ってくれます。

マイニングマシンのハッシュレートを向上させ、電気料金の低減とマシンへの負荷を軽減コントロールしてくれます。その上でマイニング量の最大化させます。

古くなった機種のマシンにも対応しており、通称『漬物石』と呼ばれていたマシンでのパフォーマンスも向上してくれます。

アーク
古くなったマイニングマシンはいわば『ゴミ』とされていましたが、安価で入手できそれを再利用できるのは良いですね!

O2WとO2W-AI

O2Wは『Orchestration of Optimization Workflow』の略で、常に最も収益性の高いコインのマイニングができるように管理・コントロールしてくれます。

O2W-Aiによる市場環境のモニタリングをしており、24時間後に最もマイニング報酬の高い仮想通貨(暗号資産)を探し出します。

そして自動的にマイニングする通貨を切り替えます。マイニング通貨の切り替えに必要な設定を手動で行う作業を省き、自動的に行います。

アーク
ハッシュレートの最適化に加え、マイニングする通貨の切り替えまで最適化するなんてまさに第3世代のマイニングですね。

②SKY-Host/SKY-Cloud

マイニング利益を最大限にするために最低価格の電力料金地域でのマイニング設備を提供します。

③SKY-Exchange

マイニングによって得られた仮想通貨(暗号資産)を他の仮想通貨(暗号通貨)と交換することが可能です。

④SKY-DEX

分散型アプリケーションのインターフェイスです。SKY-NETの全てのアプリケーションはこのインターフェイスを介して接続されます。

SKYHASH(スカイハッシュ)を構成する3つのコイン

SKYCoin

・シンボル:SKY
・総発行枚数:60,000,000枚
・ICOでの販売枚数:30,000,000枚
・価格:1SKY=1EUR
・対応通貨:BTC・ETH
・発行アルゴリズム:ERC223・ERC777
・最低調達額:20,000ETH
・最大調達額:300,000ETH

SKYcoin(SKY)はICOのためのユーティリティトークンSKYHASH発行物であり、これは報酬トークンに使用され、SKY-NETエコシステム内のインセンティブ、Stakingによる報酬促進などに使用されます。SKYcoinは最大約6,000万個まで発行され、SKYcoinの全発行物のうちの50%(3,000万個)はICOによって割り当てられます。SKYcoin保有者は、調達した資金の一部によって建設された鉱山農場で採掘するRIGの権利を得ることができ、また事前に採掘されたRIGを得ることができます。

RIGcoin

RIGcoinはオリジナルのブロックチェーンを利用した採掘可能コインです。

SKYcoinの所有者は、RIGの採掘事業を一般公開する前の最初の6か月間の事前採掘期間に参加することができます。SKYcoin所有者の利点は、Rig coinの事前採掘へのアクセスを取得する機会です。

RIGcoinはSKY-Hiveを使うために必要なコインです。

SKYCoin2

マイニング可能な暗号通貨である SKYCoin2 の最初のバージョンは ERC918 を採用します。

また、のちにオリジナルのブロックチェーンの暗号通貨を提供する予定です。それは、SKYCoin ERC223 トークンと ERC918 RigCoin をマージした後、元のブロックチェーン SKYCoin2 が生成されます。

これは、2020 年に SHA-256 ハッシングアルゴリズムを使用する Proof of Work コンセンサスアルゴリズムを持つことになります。

SKYHASH(スカイハッシュ)チーム

SKYHASH(スカイハッシュ)チームに関しては、公式サイトにてご確認ください。

アーク
世界最高峰な技術を開発されたチームですが、メンバーの中に情報商材の販売者が加わっているところは気になりますね。

SKYHASH(スカイハッシュ)まとめ

マイニング事業は、多大な設備と膨大な電力などのランニングコストを必要とします。一般人が参加するなんて、とてもではないが考えられませんでした。

特にビットコインのマイニングなどは一般人には難しいですね。また電気代が低料金な地域や気温の低い地域を選んでマシンを設置することなど考えたら、大手にしか参入できない分野です。

また大手も赤字が続き、マイニング事業から撤退するなどのニュースも出ていますしね。

SKYHASH(スカイハッシュの目指す、第3世代マイニングが可能となれば、この厳しいマイニング事業に個人でも参加できるというのはとても魅力的ですね。

また過去の産物となったマイニングマシンも再利用できるということ、電気の消耗を軽減できるというのは環境問題にも配慮されてとても素晴らしいと想います。

SKYHASH(スカイハッシュ)の事業の発展には期待したいですね。

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

Twitterアカウント

仮想通貨FBIの公式アカウント & この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

▶️ 仮想通貨FBI https://twitter.com/CryptoFBIjapan

▶️ アーク Twitter: https://twitter.com/investorark

おすすめ記事一覧

-未分類

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.