ハイプ検証

【危険注意?】Imbroker(アイムブローカー)を検証

投稿日:

2019年、仮想通貨(暗号資産)の中心は配当型ウォレットの投資でした。

PlusToken、ICB、Blockecoなど…次々と配当型ウォレットが出金停止状態になっています。

それでも尚、未だに新しい配当型ウォレットが次から次へと登場しています。仮想通貨FBIとしてはこの現状をほっておくことはできません。

今回は、10月にローンチされたばかりの配当型ウォレットImbroker(アイムブローカー)について検証していきます。

Imbroker(アイムブローカー)とは?

ウォレットに資金を入れると運用され、配当が入る配当型ウォレットの一つです。

ブローカー(売買の仲介人)という名前にあるように、さまざまな仮想通貨取引所とユーザーを仲介する役割を担ったプロジェクトです。

Imbroker(アイムブローカー)のKYC(個人認証)を通せば、Imbroker(アイムブローカー)と連携するさまざまな取引所をImbroker(アイムブローカー)のウォレットで利用できます。

Imbroker(アイムブローカー)と取引所はAPIで接続されるので、さまざまな取引所の仮想通貨ペアの取引を一つのプラットフォーム内で行うことができます。

仮想通貨取引所によって取扱っている仮想通貨ペアは異なります。なので自分が口座開設している取引所にほしい通貨がない場合、取扱いのある他の取引所を新たに開設する必要があります。

海外の口座開設というのは言語の違いであったり登録やり方も取引所によって異なるので、初心者や複雑な操作が苦手な方には障壁が高いです。

アーク
一つのウォレットで、さまざまな取引所の取引を行えるのは本当に便利ですね

独自トークンIBK

トークンシンボル:IBK
通貨の規格:ERC20(いずれはIBKの独自パブリックブロックチェーンに変換)
最大発行枚数:1,200,000,000枚

独自トークンIBKを使用することで、取引手数料を安くすることができるのが特徴です。

注意点①Imbroker(アイムブローカー)の情報

公式サイト:https://ibkwallet.com/
配当型ウォレットImbroker(アイムブローカー)の登録はこちら:http://www.iimbroker.com/signup.html?i=J897545
Imbroker(アイムブローカー)のアプリダウンロード:https://eeoe.fun/padxhsbiwx

※さまざまな取引所の取引を一つのウォレットできるのは、IBK walletです。資金を運用するのは、配当型ウォレットのImbroker(アイムブローカー)です。

公式Twitterや公式Telegramといったものが見当たらないので、運営の動向などが見えにくいという印象があります。

また会社概要がよくわかるサイトも見当たらないところも気になります。

さらに気になるところですが…

これはIBKウォレットのサイトを下にスクロールしたところです。赤枠にある『利用規約』をクリックすると、サイトのTOPページに行くだけで利用規約がでてきません。『個人情報保護方針』もクリックすると同じ現象が起こります。

今後改善されるとは思いますが、サイトがオープンしている状況であるのも関わらず『雑』なつくりがされているなという印象です。

アーク
会社の概要であるなどの情報をより詳しく持たれてる方がいらっしゃれば、ぜひタレコミをよろしくお願いします。

注意点②Imbroker(アイムブローカー)高い配当率

100USDT:日利0.8% / 月利24%
1000USDT:日利0.9% / 月利27%
3000USDT:日利1.0% / 月利30%
10000USDT:日利1.2% / 月利36%

※配当は20%が独自トークンのIBK、80%がUSDTで配布されます。
※ロックなし、元本出金時の手数料なし。

Imbroker(アイムブローカー)の利率は、月利24~36%です。配当型ウォレットの相場は、月利10%が多い中、倍くらいありますね。

配当が高い代わりにアフィリエイト報酬は、他のウォレットと比べると少なめに設定されています。

紹介を出すのが苦手な方でも、大きな利益を得られることがメリットですね。

ここが注意!!

高配当ということは、それだけハイリスクな可能性が高いと考えるべきです。

例えばですが10000ドル(約108万円)を運用して、配当を複利運用した場合…1年後、400375ドル(約4324万円)。

2年後にはなんと11786772ドル(約12億7297万円)。

ちなみにImbroker(アイムブローカー)の収益モデルは次の6つです。

取引手数料:IBKは、取引手数料の割引を支払います。 スポット、先物、オプション、差分契約などを
含みます。
ファンドモール:発行ファンドは、IBKをリスクデポジットとして誓約し、IBKをサブスクリプション、購入、
償還手数料として支払います。
技術サービス:IBKを支払うことで、代理店向けの製品とサービスを購入します。
資金調達通貨:IBKは資金調達通貨の利息を支払います。
ソーシャルエンターテインメント:IBKは、ソーシャルゲームやその他のサービスの料金を支払います。
投資事業:コンサルティング、融資、引受、ロードショー、通貨のスポンサーシップなどのインキュベーション
サービスを享受するためにIBKを支払います。

ほとんどのサービスがこれからスタートするという状況です。

この高配当の財源はどこから来るのでしょうか。

配当ウォレットの傾向を見ると、運用開始から3か月~半年の間がかなり危険な領域と言えます。長く運用するできることは考えにくいですね。

もしかするとかなり長短期的な運用になってしまう可能性も考えられると思います。投資するには、注意が必要です

Imbroker(アイムブローカー)のアフィリエイト報酬

Imbroker(アイムブローカー)の紹介報酬について検証します。

直紹介人数 1世代 2世代 3世代
1人 5% 2.5% 1.25%
2人 10% 5% 2.5%
3人 15% 7.5% 3.75%
4人 20% 10% 5%
10人 50% 25% 12.5%

配当が高い代わりに、紹介報酬が少な目であることでバランスを取っているのでしょうか。

表にある%は、紹介した方のもらう配当に対しての割合です。

一般的な配当型ウォレットの直紹介報酬は、3人以上紹介で100%が多いです。3人紹介しても15%ですので、かなり控えめには感じます。

しかし配当自体が倍くらいありますので、15%は他のウォレットで言うところの実質30%前後もらっていることと同じです。

では報酬が最大値になる直紹介10人以上で見てみると、直紹介で50%。投資資金10000ドルで配当が月利36%。一般的なウォレットの配当が月利10%とすると3.6倍あります。

ということは、直紹介50%でも実質180%もらっていると言えるでしょう。最大値で見ると紹介報酬も高いです。

また他のウォレットは、紹介した人数と同じ世代(階層)までの報酬を得れます。Imbroker(アイムブローカー)は1世代下がるごとに報酬は2分の1になりながら、無制限に取ることができます。

ただ10世代までくると最大値の10人紹介でも、0.098%とほぼないに等しい数字になって来ます。ですので無制限に関しては、特に問題と考えることはないかと思います。

Imbroker(アイムブローカー)の運営陣

Imbroker(アイムブローカー)の運営陣ですが、ネット上にはほぼ情報が出ていませんね。ここに関しては、特に言えることはありません。

運営陣の情報を持たれている方は、タレコミをお待ちしております。

Imbroker(アイムブローカー)のまとめ

検証結果からすると、かなり危険度は高いと評価します。

・配当が高い
・経営が不透明
・サイトのつくりが雑

の3点が特に気になるところでした。

配当が高いというのは、とても魅力的に感じると思います。その代わりにやはりリスクは高いと考えた方が自然だと思います。

ただロック期間がないという大きなメリットもありますので、利確のタイミングを間違えなければ確実に利益を出せることも間違いではありません。

もし投資を考えるのであれば、所詮はハイプであることを忘れずに自己責任の元やりましょう。くれぐれも資金のかけ過ぎには要注意です。

仮想通貨FBIからの情報配信サービス

仮想通貨FBIは、市民の安全を守るため、仮想通貨の市況とICO案件の捜査を常日頃から行なっています。LINEで情報を受けとりたい方は、下記の画像から友達登録してください!

Twitterアカウント

仮想通貨FBIの公式アカウント & この記事を書いたライターのアカウントのフォローをお願いします!情報をいち早くツイートして皆様にお届けします。

▶️ 仮想通貨FBI https://twitter.com/CryptoFBIjapan

▶️ アーク Twitter: https://twitter.com/investorark

 

 

おすすめ記事一覧

-ハイプ検証

Copyright© 仮想通貨FBI , 2019 All Rights Reserved.